法人の税金として|経理業務はプロに任せるのがベスト|ビジネスを支えてくれる専門家
ウーマン

経理業務はプロに任せるのがベスト|ビジネスを支えてくれる専門家

法人の税金として

マネー

法人税の特徴のひとつとして事業年度があります。これは所得税に比べると非常に顕著な特徴となっています。まず所得税の事業年度はというと、1月1日から12月31日までと定められています。所得税の事業年度が変わるということはありません。したがって申告書の提出及び所得税の納付も3月15日で一定となっています。ただし15日が土曜もしくは日曜の場合はその翌々日もしくは翌日となります。対して法人税の事業年度は法人が任意に定めることができます。したがって月であったり日であったりも法人が任意に定めることができます。申告書の提出及び法人税の納付も法人が任意に定める日から2か月を経過した日までにこれらを行う必要があります。

現在法人を設立することによって節税につなげていくことが人気となっています。なぜ法人を設立することが節税につながるのかというと税率の変動があるからです。これは現在の税制の動向として所得税に比べて法人税の方が課税が軽くなっている傾向にあります。したがって場合によって個人事業を行うことによって所得税を納付するのに比べて法人を設立することでより低い税率で税額を計算することができるため節税につながります。また法人を設立することによって事業主や事業主の親族に対して役員報酬という形で給与の支払いをすることができるため法人税で税額を計算する方が節税の幅は広がってくるという点も法人が人気となっている理由のひとつです。また、税理士に依頼することで節税対策をとることができます。税理士のなかには、企業の経営援助に重点を置いて活動している方もいます。税理士によって得意な分野は異なるので、依頼するなら節税に強い税理士に頼むといいでしょう。